便秘を治すオリゴ糖・食物繊維の効果を解説

便秘でうなだれる

便秘を解消するための対策にはいろいろありますが、食べ物が重要だとご存じの方も多いことでしょう。

なぜ食べ物が大事なのかといいますと、主な理由としてはそれによって腸内環境を改善することができるからです。



プロバイオティクス

「プロバイオティクス」最近よく耳にする言葉ですね。これは腸内の環境を良くする細菌である「善玉菌」のことを指します。あるいは善玉菌を増やして腸内環境を良くすることを指します。

人間の腸の中には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌(ひよりみきん)という細菌がいます。そして善玉菌が多くなれば腸内環境がよくなります。

逆に悪玉菌が増えてしまうと、環境が悪くなり、便秘になったりガスがたまってお腹が張ったり、お腹が痛くなってしまうこともあります。



善玉菌を増やそう

ここで登場するのが食物繊維です。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があります。

水溶性食物繊維は大便(うんち)の水分量を増やして、硬くなった便を柔らかくしてくれるなどの作用があります。もちろんこれだけでも便秘解消に大きくつながります。

もう一方の不溶性食物繊維は腸のぜん動運動(便を排出しようとする動き)を活発にしたり、便の量を増やして腸を刺激したりする役割があります。



改善!

このように食物繊維は水溶性、不溶性ともに便秘改善のためにどちらも欠かせない成分ですが、便秘の方に特におすすめなのは水溶性食物繊維です。

なぜなら、不溶性食物繊維は便秘の人が摂取し過ぎると、逆に便が硬くなって逆効果になることがあるからです。

そして、水溶性の食物繊維は前述の善玉菌のえさ(プレバイオティクス)になって、お腹の中の善玉菌を増やしてくれます

すると、日和見菌は善玉と悪玉の優勢なほうにつくという人間のような細菌ですので、善玉菌が増えれば日和見菌も善玉になるのです。

こうして善玉菌を増やすことで、腸内環境を改善して、さらに便秘解消につながるのです。



デトスリム

そこで私がおすすめするのはオリゴ糖や水溶性食物繊維などが配合された「デトスリム」というサプリメントです。

デトスリムには食物繊維が豊富なハーブのハネセンナ(キャンドルブッシュ)が1日あたり600mg入っています。

さらに水溶性食物繊維の難消化性デキストリンが100mg、フラクトオリゴ糖が100mg配合されています。妊娠中の便秘でも飲めるオリゴ糖ですね。

オリゴ糖もプレバイオティクスとして、腸内の善玉菌を増やしてくれますから、根本的に便秘対策ができます。授乳中でも乳酸菌サプリメントを飲むのも更にプラスとなります。

デトスリムは定期購入コースならお得な割引も受けられます。ぜひ便秘対策に飲むだけのデトスリムをご検討ください。オリゴ糖に注目するなら、ビフィズス菌のほぼすべてをしっかり増やして、腸内環境を整えて、便秘を同じく根本的に治せるカイテキオリゴもおすすめです。オリゴ糖の質と量が違います。そのわりに価格が安いのもうれしいですね。カイテキオリゴ口コミはこちらのサイトで詳しく紹介されています。